幅広いジャンルに精通している映像制作

動画制作を行う上で知っておきたいアスペクト比とは‽

動画制作を行う上で知っておくべき概念は数多くありますが、アスペクト比も動画制作を行うなら必ず押さえておきたい概念です。アスペクト比とは、動画解像度の横と縦の比率のことで、「横サイズ:縦サイズ」で表記されます。アスペクト比は、動画を再生する端末や掲載する媒体によって適切な比率が異なるとともに、動画が完成してから比率を変更するには手間がかかります。そのため、動画制作を行う際は制作する動画の目的に合ったアスペクト比を選択することが重要です。

動画制作においてよく使われているアスペクト比としては、スタンダード(4:3)・ワイド(16:9)・スクエア(1:1)といったものがあります。スタンダードは、地上デジタル放送が普及する以前に主流だった比率で、現在はあまり使われていません。しかし、ミュージックビデオなどにおいては、懐かしさを演出するためにあえてスタンダードで制作するケースもあります。ワイドは、地上デジタル放送にも採用されている比率です。

現在のところ最もメジャーな比率となっていますが、動画系SNSの普及に伴って、ワイドの縦と横を入れ替えた「9:16」の縦型の動画が制作されるケースも増えています。スクエアは、スマホの普及に伴って制作されることが増えた比率で、SNS上の広告に頻繁に使われています。大きな画面で再生すると窮屈な印象を与えてしまうため、パソコン上で再生する動画には不向きですが、モバイルユーザーをメインターゲットに動画を制作するのであればスクエアも選択肢の一つになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です